世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

今、ヨーロッパで大流行。盆栽のイマサラ!

アート

今、ヨーロッパで大流行。盆栽のイマサラ!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

スペインなど、ヨーロッパで大流行!盆栽

盆栽といえば、ワビサビ。。。おじいちゃんの趣味?



というのは、だいぶ、

ふる〜〜い認識ですよ!^^;

埼玉県さいたま市にある、盆栽美術館

ところで、盆栽って

「盆栽」と聞いた時、あなたは何をイメージするでしょう?
小さくて趣のある鉢を思い浮かべる人もいれば、大事そうに盆栽を育てるおじいちゃんを思い浮かべる人もいるかもしれません。盆栽は普通のガーデニングと比べて、仕立てるのに長い時間がかかります。愛好者は自分の盆栽をより赴き深い姿にするために、天候や気温まで気を配りながら盆栽の面倒を見るのです。

出典 http://www.bonsaimyo.com



私が考えるに、

盆栽って、

植物の、というか、

樹木のミニチュア、

と考えていいんじゃないかと

思っています。


盆栽の始まりは?

盆栽とは、日本で独自に発展してきた文化芸術ということができます。日本が多くの文化を吸収してきた中国では、盆栽ということばは使われません。中国では「盆景」と呼び、日本の盆栽とは一線を画したものと考えています。
日本を発祥とする盆栽とは、現代にかけて「一盆一樹」、つまり一つの「盆」、植木鉢に、一本の樹木を植えたものを基本形状としました。大自然に生きる雄大な樹木の姿を、自らが抱えられるほどの大きさに凝縮してあらわしたもの、これが盆栽です。自然樹を相手に、盆栽家が極限まで手を加えて木の姿をととのえ、一メートルに満たない小さな木に、大樹の威厳を宿らせるのです。
 

出典 http://www.nhk.or.jp

もっと詳しいことを知りたい方はこちらをクリック!

ヨーロッパで人気の出てきた理由とは?

日本語の[BONSAI]で通用するくらい日本の盆栽はヨーロッパの国々で人気があり、若いお子さんから年配の方まで幅広い年齢層の人々に親しまれています。

また、日本各地で開催される盆栽展や生産地で芸術性の高い盆栽を求め、直接買い付けをするために来日するヨーロッパの盆栽愛好家や輸入販売業者の数は年々増加しています。そのためヨーロッパにおいて、今後の日本の盆栽需要は年々増加しています。

日本の盆栽はすでにヨーロッパでは人気や知名度があり芸術性も高く評価されていますが、日本の盆栽が現地の人々に受け入れられた歴史的背景や人気の理由は、意外と知られていないです。

出典 http://hobbytimes.jp

1900年のパリ万博会場で展示された日本の盆栽は、ヨーロッパの人々が日本の盆栽を知るきっかけ与えました。その後、ヨーロッパでは日本の盆栽の専門書などが数多く出版され盆栽の認知度はヨーロッパ各地に広がり、盆栽愛好家や関係団体も増えていきました。さらに、70年後の1970年に開催された大阪万博会場でも日本の盆栽は、ヨーロッパ各地からの来訪者の間でも注目を集めました。

出典 http://hobbytimes.jp

なんと、それは19世紀までにも遡るんですねぇ。。。

日清戦争のちょいあとくらいです(笑)

ちょっとビックリです!

私はせいぜいここ20年とか、

古くてもそんくらいでは、

と侮っていましたw

中国半植民地化の風刺画
イギリス、ドイツ、ロシア、フランス、日本が中国を分割している。

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎こんな絵が当時の様子^^;

美意識の高いヨーロッパの人々


私はまだヨーロッパには行ったこと

ないのですが、

ファッションでも芸術でも、

やはり、

風は欧州から

吹いてきますよね。


芸術とか美に関しての

アンテナが、

私たちとは

だいぶ違うってことが

言えると思います。

日本では、盆栽はお金持ち、年寄りの趣味と見られて来ました。そして、現在は住宅事情から盆栽を管理する庭もなく手を出しにくく、だんだんと盆栽に興味を持つ人が少なくなりました。

盆栽楽天 の魅力や飾り方、育て方などを教える教育を、若者や中年層へ積極的にしなかったことも影響しています。

出典 http://tom.as76.net

日本では芸術は育たない?

今まで金持ちのたしなみ、お年寄りの趣味


今までそんな風に、

盆栽に対して誰も

見向きもしなかった日本w



日本では古典芸能しかり、

海を渡ってしまった

多くの浮世絵や、

古い神社仏閣とか、

一部の人にしか、

認められてこなかったという

悲しく残念な

背景があります。。。

日本で失われた盆栽への愛情と意欲が、ヨーロッパで花咲いています。

盆栽の輸出額は、2008年には、国内の売上の1/6の5億円ありました。それが、2010年には61億円と大幅な増加となっているそうです。

日本では、盆栽文化として流行っていましたが、海外では、ビジネスとして捉えられています。

出典 http://tom.as76.net

そして今、欧州ではビジネスを生み出す盆栽

アートは

多くの人の心を

豊にし、大事にされ、

また次の世代へと

受け継がれるもの。




多くの浮世絵が日本を

離れ、

逆輸入され、

大きな価値がつきました。


盆栽も

ちょっとこれと

似た道を

辿っているのかもしれません。




今、この盆栽が大きなビジネスを

生み出す市場となっています。



盆栽は日本では、

なかなか受け入れられない

環境になってしまったけど、

せめて、

少しは理解しておきたいな、

と思っていたりします。



緑の深い環境に住んで、

20数年。

今では緑が見えないところには

住めないなぁと思うように。。。


日本は地図を見てもわかるように、

緑の濃い国で、国土のほとんどが

山です。


水がきれいで清らかな文化。

そんな環境だから、盆栽が

あったのかも。



そう思うと、見直したいなぁとも

思いますし、

なんか可愛いんですよね。

家が一軒建つようなそんな盆栽は、

ちょっと観れただけで

いいけど、

可愛い盆栽なら、

育ててみたいなぁ、自分のそばにおきたいな、

なんて思ったり。



みなさんは、いかがでしょうか?


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!